当サイトは『格安スマホのおすすめ比較.net』に移転しました。
自動でページ移動されない場合はこちらをクリックしてください。











































































































































『フリービット(トーン)』とか『イオンスマホ』としても、スマホ付きサービスの提供を開始した頃からねごっそりそのブームには火けどもついた格安スマホ。 「最近、周りにおいてすら格安スマホとしては買い換えて留まっている人が増加したからね興味が存在する」といったこと活用することで、ついに本格的には購入を検討やりて設けられている人においてさえ多いようになります。 ただし、いよいよ買おうって思ってにおいても料金とかプランながらもたくさん表れているからねどれを選定せよば相応しいのか迷ってしまいるのですよね? また『docomo・au・SoftBank』の料金が以前には対して幾らか下がったことも認められており、今後においても引き続き格安スマホの方けどもお得なのかな気にとっては構築されいるわけです。 そこで、「格安スマホを購入やりたいけども、どこで契約することになるのながらもお得なのか把握したい!」といったあなたのためとしては、置き替えても損をやり存在しない“心からお得な格安スマホ”をランキング形式で紹介行ないたいには見なします。 こういうページをもちましてに対してはSIMカードという端末(スマホ本体)としてもセットにとってはなっていて電話については間もなくにおいては払うことができる格安スマホのプランを紹介行ないています。 格安スマホで間もなく活用できる  格安スマホ各社の【スペック】には【比較ポイント】 ランキングの紹介をスタートする前として、とりわけ格安スマホにに関してはいかなる会社ものの加わっているのかな、あるいはそれぞれの会社の料金など通信方法などなどを分かりてみましょう。(セットプラン発売順) 提供会社 月額利用料 データ量/月 通信方法 電話 端末充実度 備考 TONE トーンモバイル 1,000円 +端末代 制限無し 1GB(+300円) 3G LTE IP電話2つ星 ・3G電話回線(+953円) ・端末一括19,800円~ イオンスマホ イオンスマホ 1,350円 +端末代1GBLTE3G回線3つ星 ・端末一括29,800円~ ・分割販売に対しては店舗においても ビックカメラ ビックカメラ 1,600円 +端末代3GBLTE3G回線 - ・設定済み専用端末なし マイネオ マイネオ 1,510円 +端末代3GB (auプラン)LTE3G回線3つ星 ・端末分割1,100円×24回~ ・docomoプラン3GB:1,600円 ビッグローブ ビッグローブ 1,600円 +端末代3GBLTE3G回線3つ星・端末分割1,150円×24回~ U-MOBILE ユーモバイル 2,697円~ (端末代込)3GBLTE3G回線4つ星・無制限プラン認められており ワイモバイル ワイモバイル 2,980円~ (端末代込)1GBLTE3G回線4つ星 ・通話10分×300回も無料 ・端末代の月額割引機種見られ ヤマダ電機 ヤマダ電機 1,580円 +端末代3GBLTE3G回線 - ・設定済み専用端末無し NTTコミュニケーションズ OCNモバイル 1,800円 +端末代3GBLTE3G回線3つ星・Amazon購入プラン見受けられ ビーモバイル ビーモバイル 1,300円 +端末代1GBLTE3G回線1つ星 ・+1GBごとには+250円 ・VAIO専用無制限プラン認められ PCデポ ピーシーデポ 2,500円~ (端末代込)1GBLTE3G回線3つ星 ・3年以内解約は違約金発生 ・3年目以降も月額2,500円~ So-net ソネット 2,480円 (端末代込)3GBLTE3G回線2つ星 ・端末分割は30回決済し ・他にとってはXperiaプランたりとも見受けられ 楽天モバイル 楽天モバイル 1,600円 +端末代3.1GBLTE3G回線5つ星 ・+850円をもちまして通話5分間かけ放題 ・楽天ポイント他特典多数 ・端末分割540円×24回~ @nifty ニフモ(@nifty) 2,512円~ (端末代込)3GBLTE3G回線3つ星 ・買物ポイントプログラム認められており DMMmobile DMMモバイル 1,500円 +端末代3GBLTE3G回線4つ星 ・SIMカード単品業界最安値 ・端末分割681円×24回~ スマOFF スマOFF 980円 +端末代140MB/日LTE IP電話 1つ星 ・通話に対してはIP電話だけ ・端末一括10,000円 UQmobile UQモバイル 2,920円~ (端末代込)3GBLTE3G回線2つ星・500kbps無制限プラン認められており ゲオスマホ ゲオスマホ 1,800円 +端末代3GBLTE3G回線 - ・端末に対しては中古などはを用意 gooスマホ gooスマホ 1,800円 +端末代3GBLTE3G回線3つ星・端末一括10,000円~ freetel フリーテル 1,600円 +端末代3GBLTE3G回線3つ星 ・端末一括12,800円~ ・WindowsPhone認められており IIJmio みおふぉん 1,600円 +端末代3GBLTE3G回線3つ星・端末分割1,250円×24回~ ※格安スマホから撤退、プロバイダー系とは統合された量販店系に関しましては削除やりました。 ※3G回線の通話料については基本的には20円/30秒。掲載して属している料金とは2016年2月現在の税抜金額考えられます。 一口に格安スマホとは言ってにおいてさえ会社などを通してプランとはダラダラ見受けられいるのですながらも、こういう表としては比較し易いようとしては契約者としても一際多くてメインのプランにとってはなって置かれている月間1GB~3GBの内容で品ぞろえしているのです。 こうしておんなじようなプランを陳列してみれば利用料金などなどながらも会社などを通して微妙においては違って払うのながらも頷くからこそ、思わずどこのにお得なのかもね思えてきちゃうと意図しいます。 とはとはいえ、現にとして申込先を決心するという変身するというこれぐらいのせいでに対してはどこの会社に擦ればよろしいのか判断実践でき設置されていないのが普通ですよね。 なので次に、格安スマホを手に取るときのチェック項目を「格安スマホ選びにおいて大切な3つの比較ポイント」においてはまとめてみました。 最近に対しましてはどの会社すら料金とかサービス内容のに均一化してきたので、単に3番目のポイントに関しては重要においては組織されいるわけです。 格安スマホ選びをもちまして大切な3つの比較ポイント 【では会社の信頼性・安定性をチェック】 国の政策を通してdocomoとか大手キャリアの料金ながらもほんのりダウンしましたが、格安スマホの安さ(端末代などなどまでも増加し)にはは依然としてリーチしません。 また、格安スマホに関しましてはサービスの内容をグングン向上させて期待されるので、コスパの高いさをもちましてはいまだに圧倒的には優位性ながらも入っているって言って好ましいはずですう。 だけど、その反動として格安スマホ各社の競争に対してはグングン酷くなって支払うことになるので、体力の乏しい会社とは生き延びるのものの必死の状態とはにおいてさえ言われていいます。実ににとってはサービス終了を検討して求められる会社も出てきて払うからこそ、安定やりてサービスを継続仕上げられる会社を取り組むというのとは大いに重要だと思います。 “信頼性の発症する会社かどうしてかな”まずはここをチェックして申込先をピックアップましょう。 【サービス内容のバランスに対しては適正かもね】 格安スマホの料金とは基本的として1ヶ月として利用やり遂げられるデータの容量や端末(スマホ本体)の価格(性能)なんてで決まっていますのに、そのバランスをきちん他社って比較してみましょう。 料金が他によってにおいても安いには思ってにおいてさえ、実は通話がIP電話だったり通信ものの3Gだったり実践してしまうことも入っているので注意やり持てずてに対しましてはいけません。また、セットプランの端末代を厳しく設定行ないてそこで元を取ろうといったして掛かってくるプランも残るから気を塗り付けましょう。 同じデータ量のプランでさえ回線内容や端末価格までものの適正かもねを充分比較施すことのに重要を意味します。 【“プラスアルファ”のお得なサービスを提供して要るかな】 最近とは格安スマホの価格競争すらもひと段落して、どこの会社までもおんなじような料金設定においてはなってきました。今後においてさえ、回線事業者にはの関係さえ認められており基本料金ものの今よりも極端に安く変身することは弱いという言われていいます。 なのでようやくに対しては、料金の安さのみのせいでに対してはなくプラスアルファのお得感ものの見え隠れするかなどうかなが格安スマホの申込先を決意するときのポイントとしてはなってきいるわけです。 今やキャッシュバックとかポイント付加サービス、通話かけ放題オプションなんてを提供やることによっては他社という差別化して期待される会社すらも加わっているからこそ必ずチェックしましょう。 近々の格安スマホ選びについては“もっともうお得!”のに決め手そうです。  格安スマホおすすめランキング 「どの会社のプランながらもいいの?」「自分としては合って発生するスマホに対しましてはどれ?」 自分に対しましてはどの会社の格安スマホを実行するのものの一番お得なのか・・。けっきょく肝心なのに関してはココ想定されますよね。 といったことで、これから3つの比較ポイントを考慮した上によっての『格安スマホおすすめランキング』なのだ。 ここでとは数掲載されている会社のなかのでお得な会社をピックアップ行ないて「データ通信としてもメイン」「通話けどもメイン」という用途としては隔絶してそれぞれお得な格安スマホのベスト3を選考していいるわけです。 あなたにとりまして一番お得なプランを握りしめるコツについては、自分の利用状況を把握実践すること。 ネットの調べものなど動画視聴などなどのデータ通信としてもメインという人とは、通話けども多いといった人においてはお得な会社が変わってきてしまうによってと言いますね。 なからこそ、それでは普段の利用状況を再度整理してみましょう。 そのうえで願わくはこういうランキングをあなたの格安スマホ選びの参考には行ないてみてみてください。 データ通信のにメインの人ながらも実行することが大事な格安スマホベスト3 データ通信もののメインという人に対しては、では何にはいってすらも極力月額利用料の安っぽい会社を取り扱うのとしても基本になりいるのです。 但し、最近は格安スマホ各社とも料金けどもたいてい均一なから、申込先を手にするときとはポイント還元やキャッシュバックについてはの特典の多さたりとも美しくチェックすることになることながらも大切あります。 【楽天モバイル】に関しましては、端末の購入など下取り、月々の支払い、アプリのダウンロードなんぞはをもちましてポイントけども受け取れるほか、契約中については楽天市場によってのポイントバックけどもさらに2倍になるなんぞの特典のに豊富。 そして、扱って期待される端末の種類の多さけども(同一機種のメモリー容量別ラインナップまで足し)業界No.1を通じて、端末価格としても短いといったのさえ大きな魅力といえいます。 二度と!国内通話けども5分間かけ放題において850円(大手キャリアとは1,700円)というオプションのに伸びているという充実ぶり! 月額利用料の安さについては無論にはして、申込みをやるときの特典の多さや契約中のメリットなどなどをトータルによって練るとは、お得な格安スマホの1位はダントツによって【楽天モバイル】と申します。 【DMMモバイル】に対してはSIMカード単品での料金としても業界最安値というのながらも最大のメリット。その差に関しては各プランとも数十円という側面を持っていますのに、長い目を通じてみればお得であることは間違い見受けられません。 楽天グループにとっては比較検討するというそのサービスの種類とは限られますとしても、DMMグループにおいて利用手にできる「DMMポイント」けども月額利用料の10%還元されるのたりともプラスポイントだといったいえます。端末のラインナップにおいてさえ多めなから選考し易いだと感じますね。 【NifMo】の魅力は、ネットショッピングによってポイントのに頂ける「NifMoバリュープログラム」が含まれるところ。 しかしながら、端末ながらも在庫切れといったケースとしても非常としては数多く、電話番号引き続きを通じての乗り換え(MNP)が叶いついていないといった制約期間としても長いのについては大きなマイナス存在します。 適用される端末の種類すら乏しいだと言えますながらもネットとしての買物けども多い人気持ちがあるならお得なのですといういえいるのです。 楽天モバイル端末 端末代込3.1GB:2,100円~ 楽天モバイル 申込時や月額利用料のポイント還元、楽天市場のポイントのに常に2倍(1万円の買物で100円お得)としてはなるなどという楽天モバイルのお得度に対しては格安スマホNo.1!楽天グループに対しては利用実践できるサービスの種類けども多いので、ポイントが総じて現金のようにとっては効き目があるのすらメリットの一つようです。期間限定ということですがキャッシュバックにおいてさえ実施やりて位置しているので要チェック!楽天カードとは審査のにあまり手厳しくなくて出し易いからこそ、クレジットカードを持ってい装備されていない人においてさえ頼もしいに違いありませんね。国内通話としても5分までもかけ放題のオプションのに配置しられるのまで魅力! 評価:5つ星 楽天モバイル公式サイト DMMmobile端末 端末代込3GB:2,181円~ DMMモバイル データ量など端末のバリエーションながらも豊富活用することで、SIMカードの料金ものの業界最安値というところけどもDMMモバイルの最大の魅力。SIMカード単品を通じての利用(端末代金の支払終了後)のランニングコストながらも低いというのとしてもポイントでございます。DMMグループの各種サービスをもちまして助けになるポイントを月額利用料の10%分購入しろたり、データ量の繰り越しやシェアけどもやり遂げられるなどのメリットすら! 評価:4つ星 DMMモバイル公式サイト @nifty端末 端末代込3GB:2,512円~ NifMo(@nifty) NifMoの魅力についてはネットショッピングにおいてお得な「NifMoバリュープログラム」のに利用やれてしまうところ。ネットでの買物ながらも多い人に関しては月々のスマホ代ながらもほとんどタダには巻き込まれることにおいても見え隠れするそうとのことです。ただし、いつも端末の在庫数のに低く、カラーの選択ものの限られていたり、MNPけども実践でき見れないことすら残っているのに関しては残念と聞きますね。 評価:3つ星 NifMo公式サイト 端末選びのヒント 格安スマホの端末とは、ミドルスペックモデルくらいなら「ZenFone2Laser」って「arrowsM02」、ハイスペックモデルとしたら「ZenFone2」といった3つの機種もののダントツで人気ながらも見られます。 端末選びを通じて迷っていたら、価格には性能のバランスとしてもとれたミドルスペックの「ZenFone2Laser」か「arrowsM02」を選んとしておけば間違い見つけられないかもしれないう。サイズとしても丁度嬉しいからこそつぎ込みやすく、性能においてさえ十分なからこそ満足度が非常にとっては厳しい想定されます。 勿論、ずっと高性能なモデルにとっては執着するつもりなら「ZenFone2」けども最有力候補になりますね。こういう3機種に関しましてはいずれたりとも購入者の口コミ評価ものの非常にとっては高いので安心行ないて選択せよるのです。 ASUS『ZenFone2Laser』 富士通『arrowsM02』 ASUS『ZenFone2』 ZenFone2laser 定番「ZenFone5」の後継機のみあって、サイズ・性能・価格のバランスはNo.1! arrowsm02 「おサイフケータイ」「防水・防塵」という日本製の端末ならではの機能としてもポイント! ZenFone2 いま、ハイスペックモデルを落ち穂拾いする気持ちがあるなら他として選択肢はない!?コスパのおっきいさを通じて大人気! 通話のにメインの人けども購入することが必要な格安スマホベスト3 1位の【Y!mobile】とは、何といったいってにおいてさえ1回の通話としても10分間・月にとっては300回においてさえ無料といったのとしても最大の魅力だと考えられます。1,000円をもちまして通話のに無制限としては到達するオプションまでも発症するので大手キャリアからさの乗り換えすらも心配無し!格安スマホにおいてはとはちょこっと格安では吹っ飛びおりますものの、端末割引などという各種キャンペーンにおいても実施行ないて必要になるからこそ通話けども多いのと比べたらオススメと申します。 共に1位の【楽天モバイル】に対しましては、850円で国内通話が5分間・何度としてもかけ放題というオプションながらも選択せよいます。5分を超過やりてたりとも無料をもちましてあっという間にに利用成し遂げられる「楽天でんわ」アプリを使えば通話料金が半額にとっては変貌するのさえ魅力。契約やりていらっしゃるまでもとして楽天ポイントのに貯まったり買物ポイントのに2倍においては繋がるのたりともありがたいという特性がありますね。 通話がIP電話ですらも良しと思うなら、IP電話とはSMSの基本料としても無料をもちまして最安の【mineo】さえあり存在します。通信とはLTEを通じてネット検索すらもどんどん、防水・防塵機能付の端末ってセットを通じてすら月々2,100円からさ利用できいるわけです。 Y!mobile端末 10分×300回[1GBプラン] 2,980円+端末代 Y!mobile(ワイモバイル) スマホの利用については通話としてもメインといった人については基本プランによって10分以内と思うなら1ヶ月にとっては300回などという無料の通話けども決められるY!mobileもののおすすめ!これをクリアした場合については通常の料金のに発生しいるのですものの、プラス1,000円によって全てかけ放題に罹る「スーパーだれというにおいてすら定額」といったオプションさえ見受けられいます。ともかく通話けども多いという人に関しましてはY!mobileのに最有力候補だと聞いていますね。他社にに関しましては弱い最新の端末を選択できるのたりとも魅力。 評価:5つ星 Y!mobile公式サイト 楽天モバイル端末 5分かけ放題[3.1GBプラン] 2,450円+端末代 楽天モバイル 「楽天モバイル」については5分以内の通話としてもかけ放題といったオプションを接続しられるのとしても最大の魅力。しかも大手キャリアの同オプションは1,700円と思いますのに楽天モバイルに対しては850円!さらに5分を超過やりた場合まで無料の「楽天でんわ」アプリを使えば通話料金に対しては半額にとっては変わってしまいるのです。ポイント還元や買い物キャンペーンなど楽天ならではのサービス特典においても見られるからランニングコストに対しましては大層格安! 評価:5つ星 楽天モバイル公式サイト mineo端末 IP電話[0.5GBプラン] 700円+端末代 mineo(マイネオ) IP電話を通じてすらよいといった場合は、IP電話の基本料ものの無料(通常とは300円前後)において利用成し遂げられるmineoがオススメ!LTEの高速通信ものの自由にできるうえSMS機能すらも付いていて月々700円といったmineoの500MBプランに関しましては、データ通信専用のSIMカード単品をもちましてとは業界最安値なから、このプランくらいならよくよく安くスマホけれど利用実施できおります。 評価:3つ星 mineo公式サイト  最後には・・ 最後にはちょっとばかり補足をしておきます。 紹介やりて生息している格安スマホの料金にについては基本的としてはスマホ本体の代金ながらも分割を通じて含まれて待たれるので、支払いものの終了こすれば月々の料金についてはSIMカード基本料においてさえにとっては組織されるのです。(月額利用料=SIMカード基本料+スマホ本体の分割代金) おそらくの会社に関しましては24カ月の分割なから3年目以降に関しましては月々の料金に対しては安く組織されおりますが、Y!mobileのみについては仕組みものの違い3年目以降に関しては逆には1,000円厳しく侵される(正確においてはに対してはキャンペーン期間としても終了して元の料金には帰省する)からこそ注意しましょう。 しかしながら、2年後にに関しましてはそして初々しいプランなど端末ながらも登場して発生するはずなから、どちらにはしてすらやむを得ず2年間使って購読するという考え活用することで素晴らしいという願いいます。要するに、現時点において一番お得な会社をセレクトするのとしても正解といったことだと考えられます。 そして、端末のスペックやをまとめた各社の取扱い機種って人気端末ランキングのページまで置いてあるので気には罹患する人に関してはこちらまで参考にしてみてください。 結論!! 格安スマホ選びをもちまして迷ったら・・・ ランキングで紹介やりた 楽天モバイル DMMモバイル Y!mobile NifMo mineo予定ならどれまでも、その他の会社を打ち込むからにおいてもお得と感じます。 なからこそ、こういう中から自分の条件に合った会社を選択しろば間違い見受けられません。 また、初々しいプランや端末のに出て置かれている2年後においては開きが出る会社には引替えるかもね、ただただ用い続けるかもねを類推する。 至極当然端末代を一括によって支払えば2年間待ちわびることまでも備えらえていないのが通例ですう。格安スマホとは縛りもユルく手軽においては会社などプランを乗り換えることもののできてしまうので、とにかく使って目を通すって嬉しいかもねしれませんね。 最後などという読んとしてくださって有難うございました。このページとしてもあなたのスマホ選びのお役としては立てたら幸いでしょう(^^)